癌(がん)治療の最新情報

カスタム検索
酒の白い沈殿物は抗がん物質
韓国のお酒マッコリに抗がん効果のあるファルネソールが豊富に含まれているとのこと。同じ米を原料とする日本酒の濁り酒でも同様に抗がん効果が見込めると解釈しても大過無いでしょう。

しかし、注意すべきは飲み過ぎ!
過ぎたるは及ばざるが如しです。


2011年4月14日 共同通信
マッコリにがん物質…韓国の研究所が発表

 韓国食品研究院は14日、日本でも人気の韓国伝統酒マッコリ(コメなどで造った濁り酒)について、ほかの酒類と比較して最大約25倍の抗がん物質が含まれているとの研究結果を明らかにした。乳酸菌が多いとして消費を拡大していたが、同研究院の関係者は「1日に1〜2杯飲めば(がん予防にも)効果的」と話している。

 同研究院によると、韓国内で市販されている酒類を分析したところ、マッコリからビールやワインと比較して10〜25倍のファルネソールが検出された。ファルネソールは果実酒の香りの成分で抗がん抗腫瘍の性質を持つという。

 ファルネソールはマッコリの白い沈殿物に多く含まれているといい、同研究院では「飲む時はよく振ってから」とアドバイスしている。

 マッコリはビールや焼酎に比べて人気が低かったが、近年になって飲みやすさなどから韓国でも女性の注目を集め、人気が急上昇している。
抗がんinfo - 末期癌をあきらめない! | 健康食品 |
放射能と健康食品
多くの人々が大災害と放射能漏れに苦しんでいるこの状況下に、ウソの情報でお金儲けを目論む輩が絶えないことが、日本人として残念でなりません。

根拠が無い「ゼオライト」や、「楽笑というβグルカン」で「放射能を除去できる」などというデマも拡散されています。

慎重な対応を!

2011年4月5日 読売新聞
「放射性物質を体外に出す」ニセ薬をネット販売

体内被曝(ひばく)への効能をうたい、米国から輸入した健康食品を無許可販売したとして、警視庁は5日、健康食品販売会社社長・梅若文孝(50)(神戸市灘区宮山町1)、同社従業員・千葉なつみ(29)(同)の両容疑者を薬事法違反(無許可販売など)の疑いで逮捕した。

2人は東日本大震災後、福島県や関東地方などの1000人以上にこの健康食品をインターネット上で販売し、2400万円以上を売り上げていたという。

 発表によると、2人は3月25日、茨城県守谷市の女性(48)に対し、「これを飲めば放射性物質を吸着し、約6時間で排せつする。臨床データもある」などと偽り、米国から輸入した飲料用の健康食品「プレミアムゼオライト」3本を計1万5000円で国に無許可で販売するなどした疑い。同庁によると、体内被曝への効能は確認されていないという。
JUGEMテーマ:健康
抗がんinfo - 末期癌をあきらめない! | 健康食品 |
ビタミンD欠乏はがんリスク
2010年8月24日 HealthDay News
ビタミンDは癌(がん)や自己免疫疾患関連遺伝子に影響を及ぼす

ビタミンDと自己免疫疾患やがん)関連遺伝子とのつながりを、英国およびカナダの研究者らが発見した。この知見により、ビタミンD欠乏が多発性硬化症(MS)や1型糖尿病、関節リウマチなど、多くの重篤な疾患の危険因子(リスクファクター)である理由の説明がつく可能性があるという。

ビタミンD欠乏がさまざまな疾患の危険因子であることを示すエビデンス(科学的根拠)は増えつつあるが、ビタミンDがどのように関与しているのかは正確にはわかっておらず、遺伝的特質の寄与が疑われていた。ビタミンDは、遺伝子発現に影響するヒトゲノムの特定の位置に結合するビタミンD受容体を介して遺伝子に影響を及ぼす。

今回の研究で、英オックスフォード大学のSreeram Ramagopalan氏らは、ビタミンD受容体結合部位のマッピングを行った。この情報は、ビタミンDの影響を受ける可能性のある疾患関連遺伝子の同定に使用できる。その結果、ビタミンD受容体結合は、多発性硬化症や1型糖尿病、クローン病などいくつかの一般的な自己免疫疾患に関連するヒトゲノムの領域や、白血病や大腸(結腸直腸)癌に関連する領域で有意に増大していた。

Ramagopalan氏は「今回の研究は、特にビタミンD欠乏に敏感な(感受性の高い)遺伝的素因を有するに人にとっては、ビタミンD欠乏が大きなリスクになることを強調するものである。これら疾患の予防策としてビタミンD補充を検討する必要がある」と述べている。研究結果は、医学誌「Genome Research(ゲノム研究)」オンライン版に8月23日掲載された。

米国ではガイドラインの見直しを現在検討しており、多くの専門家がビタミンDの推奨摂取量の増量を求めている。日光への曝露は季節、地域によっては十分ではないが、体内での自然なビタミンD産生を促す。また、ビタミンDは魚やチーズ、卵黄、強化ミルク、朝食のシリアルなど特定の食品にも含まれている。
抗がんinfo - 末期癌をあきらめない! | 健康食品 |
がん増殖を抑制する食品
ガニアシによるがん細胞の抑制効果は、昆布に含まれているネバネバ成分である硫化多糖類による作用です。硫化多糖類硫化アリルとも呼ばれ、近年はがんに対しての有効性が注文を集めています。

ガニアシの抗がん作用が確認されたことで、早々にガニアシ健康食品が発売されるのは間違いないでしょう。ここで、硫化多糖類をがん治療に利用する健康食品では既にモズクや昆布を原料とした「フコイダン」が非常に先行しています。

ガニアシ、フコイダンを評価比較する際のポイントは、いづれも原料に惑わされず、信頼できる販売店を選ぶことが重要です。

がんが治る」などと薬事法違反の悪質店では、良質な商品が売られることは無いのですから。

2010年07月30日 健康メディア.com
がん予防学会、ガニシアの有効性を発表

 「がん予防学術大会2010札幌」が15〜16日に北海道大学学術交流会館で開催された。

 日本がん予防学会(第17回)、日本がん疫学研究会(第33回)、日本がん分子疫学研究会(第11回)による合同開催として行われ、がんの予防などに関する活発な意見交換が行われた。

 東京大学・農学生命科学研究科教授の眞鍋昇氏は、カイゲンと共成製薬が共同開発したマコンブ仮根由来の「ガニアシ」の有効性を発表。

 ガニアシ投与がん移植群は体重の異常な増加が抑制されていた。

 腹水の顕微鏡検査でも、経口投与したガニアシががん細胞の増殖を抑制していることがわかった。

抗がんinfo - 末期癌をあきらめない! | 健康食品 |
蜂産品の抗がん成分
プロポリス健康食品をがん治療に使うことを推奨する病院は少ないのではないでしょうか。滋養強壮、つまり栄養補給には優れていても、がんに対しての具体的な抗がん機能明確とは言い難いのがプロポリスやローヤルゼリーをはじめとする蜂健康食品です。

体に害のあるものではなく栄養として考え、高価過ぎる商品は避けるのが賢明でしょう。

2010年06月17日 岐阜新聞
蜂産品の抗がん成分解析へ

◆学内に研究室

 総合健康食品・医薬品製造のアピ(岐阜市加納桜田町、野々垣孝彦社長)と岐阜大学先端創薬研究センター(岐阜市大学西、北出幸夫センター長)は16日、プロポリスなどの蜂産(ほうさん)品から抗がんや抗ウイルスに有効な成分を調べる共同研究を進める、と発表した。同センター内にアピの研究室を開設し、同社研究員が大学側との共同研究に当たる。民間企業が同大学内に研究施設を置くのは初めて。

 同センターでは、ヒト酵素RNaseLを研究。同酵素は、人体にウイルスなどが侵入した際に細胞が分泌するインターフェロン(たんぱく質)などを受けて活性化し、抗ウイルスの働きをする。

 蜂産品はがんや抗ウイルスへの効用が指摘されているが、詳細な成分解析は研究途上にあるため、今回の共同研究でプロポリスなどを分子レベルまで解析し、インターフェロンのように同酵素を活性化させる働きのある成分を探る。

 アピはプロポリスやローヤルゼリーなど蜂産品を中心とする健康食品の開発、製造を手掛け、独自の研究施設も持つ。共同研究で大学の先端機器や情報データベースを活用し、自社製品の付加価値向上や新製品開発にもつなげていく。

 共同研究は3年間の計画で、研究費や学生の海外派遣費としてアピが年500万円を同センターに提供する。

 この日、同センターで締結式があり、「アピ先端技術研究室」の看板を設置した。野々垣社長は「大学の先進技術や設備を使い多面的な研究ができる」、北出センター長は「企業との連携強化で、地域の健康や創薬、予防の研究を活性化させる」と語った。
抗がんinfo - 末期癌をあきらめない! | 健康食品 |
AHCCの抗がん効果確率
AHCCがんに効果にある確率は74分の1

厚生労働省による実験の結果が発表されました。このAHCCがんに効く確率が高いか少ないかは議論の分かれるところでしょう。効かないはずの健康食品でもがんに効くこともあるとする見方もあれば、期待していたのにその程度しか効果が無いのかと、残念がる見方もあります。

しかし、そもそも「AHCC」なる健康食品の位置付けとは?

日本の企業がAHCCを開発販売している経緯は、海外で大注目の高純度βグルカン開発に遅れたことが要因です。キノコ信仰の深い日本ではキノコ抽出の効率の悪い低純度βグルカンでも十分な利益を確保した商売で潤っていたために、海外で隆盛した高純度βグルカンの開発へ進出する意欲が低かったのは無理の無いことです。結果、高純度βグルカンの代名詞と言えるパン酵母からのβグルカン抽出技術の殆どの特許は海外企業に抑えられてしまいました。後発の日本企業には、旨みの無いパン酵母βグルカンに参入するよりも、効果効率が悪くとも自社技術による特許製品が選択されました。

このような歴史を顧みれば、AHCCβグルカンに劣ることは明白です。βグルカン、それも高純度のβグルカン(ベータグルカン)の実証実験であれば、さらに好結果が得られることは間違いないでしょう。

AHCCが日本でしか評価されていないのは、海外では既に高純度のβグルカンの実績と評価が定まっているからなのです。

2010年4月22日 朝日新聞
検証体制の整備必要

食べ物にがんを抑える効果があるかどうかを科学的に調べようという試みも進められている。
厚労省の研究班(主任研究者=住吉義光・元四国がんセンター病棟部長)は、キノコ類の健康食品がんを抑制する力があるか調べた臨床試験の結果をまとめた。

四国がんセンターや北海道大、京都大学病院など7施設で実施。早期の前立腺がんで、すぐ治療を始める必要がない患者74人(平均年齢73.5歳)に1日4.5g、6カ月間、キノコの抽出物から作った食品「AHCC」を食べ続けてもらった。
がんの進行度の指標となる前立腺特異抗原(PSA)でみると薬と同様の効果があったのは74人のうち1人だけ。
4ヵ月後にPSAが54%下がったという。 また、参加した患者のデータを平均すると、通常右肩上がりに上がっていくPSA値は、ほぼ横ばいだった。

住吉さんは「AHCC抗がん剤のような効果はないことがわかった。
ただ病気の進行が緩やかになる可能性は示唆されるので、さらなる検討が必要だ」と話す。
この結果は、盛岡市で27日から開かれる日本泌尿器科学会で発表される。
大阪大の伊藤壽記教授(生体機能補完医学)も、化学療法を続けている約50人のがん患者にAHCCを摂取してもらい、がん剤の副作用が軽減するかを調べている。
伊藤さんは「患者は少しでも生活の質を上げたいと考えている。
国には、玉石混交の機能性食品を一つひとつきっちり調べ、安全性や有効性を検証する体制の整備が望まれる」と指摘する。


AHCCとは、株式会社アミノアップ化学が開発、販売している健康食品。シイタケから抽出されたα-グルカンを中心とした植物性多糖体の混合物



抗がんinfo - 末期癌をあきらめない! | 健康食品 |
抗がん剤より効く食品
抗がん剤よりもがんに効く、治療効果が上がった食品とは、「大豆、パセリ、赤ワイン用ブドウ、ベリー、ブルーベリー、ニンニク、大豆、お茶、調理したトマト

新生血管阻害の機能性のある健康食品をがん治療に摂るならば、サメ軟骨が該当します。

2010年02月12日 AFP
赤ワインとチョコレートにがん細胞の血管新生阻害作用、米研究

赤ワインとチョコレートはがん治療薬になりうるとする研究結果が、米カリフォルニア(California)州ロングビーチ(Long Beach)で10日開催されたTEDコンファレンス(TED Conference)で発表された。

 米マサチューセッツ(Massachusetts)州のNPO組織、血管新生基金(Angiogenesis Foundation)は、腫瘍(しゅよう)に栄養を運ぶ新しい血管ができないようにする物質を含む食品の特定を進めている。血液を供給させないことで、がん細胞を「餓死」させられるという。ブルーベリー、ニンニク、大豆、お茶にこのような抗血管新生特性があることが知られているが、発表した同基金のウィリアム・リー(William Li)総裁によると赤ワイン用ブドウとダークチョコレートにもこの効果があることが分かったという。

 腫瘍に栄養を運ぶ血管の新生を阻害する薬は、すでに10種以上が医療現場で使用されている。同基金が一部の食品と承認されたがん治療薬の効果を比較したところ、大豆、パセリ、赤ワイン用ブドウ、ベリーなどで薬と同等またはそれ以上の効果が確認されたとしている。これらの食べ物を一緒に食べた場合、効果はさらに上がったという。

 また、遺伝的に肥満になりやすいマウスに抗血管新生特性のある食品を与える実験をしたところ、体脂肪が減って平均的な大きさになったという。

 リー総裁は、調理したトマトを週に数回食べる男性の前立腺がんリスクは30〜50%低いとした米ハーバード大医学部(Harvard Medical School)の研究も紹介し、「医療革命はわれわれの身近で起こっている。また、だれもががん治療薬を買えるわけではないので、こうした食事療法が多くの人にとって唯一の解決策となり得るだろう」と話した。

抗がんinfo - 末期癌をあきらめない! | 健康食品 |
乳酸菌で乳がんリスク減らす
がんの予防に乳酸菌と大豆食品が有効との研究が発表されました。乳酸菌は先日にβグルカンと併せることで、タミフルと同等のインフルエンザ予防・抑制効果があることが北海道大学から発表されました。酵母や菌の知られざるチカラは原始的なようで、現代科学でもまだまだ未知の領域が多く、健康に寄与する作用はこれからも多く発掘されていくでしょう。

2009年12月26日 日刊ゲンダイ
乳酸菌が乳がんリスクを減らす!?

 乳酸菌と大豆イソフラボンの日常的摂取が日本人女性のがんリスクを減らす――。こんなタイトルの研究結果が今月上旬、米国で開かれた乳がんシンポジウムで発表され、話題になっている。
 発表者は京大医学部付属病院の戸井雅和教授と東大大学院医学系研究科の大橋靖雄教授。戸井教授らは、40歳から55歳の日本人女性約1000人(早期乳がん患者306人含む)を対象に、10代初期、20代初期、現在から10〜15年前の3時期におけるラクトバチルス・カゼイ・シロタ株や大豆イソフラボンを含む食品・飲料の摂取状況を調査した。
 その結果、乳酸菌シロタ株の乳酸菌飲料を週4日以上飲んでいた女性は、週3日以下の女性に比べて、がんになる危険性が34%減少する可能性が示された。また、大豆製品をあまり食べない女性の中で、シロタ株を含む乳酸菌飲料を週4日以上飲んでいた人は、週3日以下の人よりも乳がんリスクが43%減少していた。
 早期乳がん患者と比べ、乳がんになっていない人は、シロタ株を含む乳酸菌飲料や大豆製品をより多く摂取していた。
 こうした研究結果から、若いころからのシロタ株を含む乳酸菌飲料や大豆製品の摂取が、日本の中年女性における乳がんリスクを減らす可能性があるとしている。
抗がんinfo - 末期癌をあきらめない! | 健康食品 |
免疫力を活性し疲労回復
がん患者も治療に並行してβグルカン(ベータグルカン)を摂取している人が多いようです。βグルカン(ベータグルカン)は多くの健康食品に含まれているものの、効率が悪いにも関わらず金額ばかり高いのが難点でした。

最近では「パン酵母由来のβグルカン(ベータグルカン)」が普及し始めたことから、βグルカンという成分を安い価格で高品質の商品を入手することができるようになりました。

2009年12月22日 J-CAST
βグルカンで「疲れなくなった」「よく眠れる」

ADEKA新規事業推進室(以下ADEKA)では、βグルカンを含んだβグルカン顆粒をモニターに飲んでもらってアンケートを実施・分析した結果、βグルカンをとることで、疲れにくくなり、ぐっすり眠れている人が多いことが分かった。

割合は、「疲れにくくなった」が30%、「ぐっすり眠れるようになった」が21%で、5人に1人ないしは3人に1人という高さだ。

この結果は、βグルカンを飲んだことで、免疫力が活性化され、副交感神経が刺激を受けて、睡眠の改善、疲労が蓄積しにくくなったり疲労回復が早くなったためと考えられている。

同アンケートは、2009年10月にADEKAがβグルカン顆粒を1か月間飲んでもらえる人を全国から募集し、βグルカン摂取1か月後にアンケート調査したもの。(アンケート実施 95人、内有効回答数 70人 )

グルコース(砂糖の成分)が多数つながってできた多糖類の総称で、食物繊維のひとつであるβグルカンは近年、免疫力をアップされる存在として話題になっており、直近のものでは09年12月3日に、北海道大学・宮崎忠昭教授の研究チームが発表した研究結果がある。それによると、マウスを使った実験で、βグルカンを乳酸菌の一種と組み合わせて投与するとインフルエンザウイルスに対しての免疫力が高まり、インフルエンザによる重症化を防ぐ効果がみられたという。これは、βグルカンと乳酸菌とが、マウスの免疫細胞を活性化し、ウイルスへの抵抗力を高めていると考えられるのだそうだ。
抗がんinfo - 末期癌をあきらめない! | 健康食品 |
野村監督はカバノアナタケ茶を愛飲
野村監督がキノコの一種であるカバノアナタケ茶を愛飲していることが報道されたことから、その機能性成分であるβグルカンまでもが話題になっています。
カバノアナタケは別名をチャーガというキノコの一種ですが、キノコとしてはβグルカンが豊富であることから、カバノアナタケ茶チャーガ茶というお茶の代用としての健康食品として普及しています。

しかし、カバノアナタケの欠点としては、高価であることに加えて、肝心のβグルカンが希薄であることです。
βグルカンが豊富と名乗りつつ、実はβグルカンが少ないというのは、キノコ原料の健康食品に共通する問題ですが、
カバノアナタケのβグルカン(ベータグルカン)も製品全体の20〜30%と低く、現代の健康食品としては決して高いものではありません。

太古の科学の発達していない時代ではなく、現代ではβグルカンはパン酵母から抽出することで、80%を超えるほどに高純度に製品化されて、その安全性と機能性も飛躍的に進歩しました。
野村監督はまだ「パン酵母抽出のβグルカン(ベータグルカン)」をご存知ないようです。

野村監督はがんで療養中のソフトバンク 王 監督にもカバノアナタケを薦めたそうで「優しいね」とのコメントを返されたらしいのですが、データを重視して効率を追求するなら「パン酵母のβグルカン」が本当の正解ですね。
抗がんinfo - 末期癌をあきらめない! | 健康食品 |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ