癌(がん)治療の最新情報

カスタム検索
抗がん剤新薬の混合診療へ新制度

がんなどの重病 海外承認薬の保険適用へ

厚労省が14年度にも新制度 で混合診療へ

海外で承認されていても、国内の保険承認を受けていないために、がん治療に使えない、もしくは高額の薬剤費を自己負担して困窮しているがん患者が多い。このドラッグラグと呼ばれる新薬の取り扱いに関して、厚生労働省は、がん等の重い病気の患者に関して、国内未承認の新薬を使いやすくする制度を2014年度を目処に創設する。

がんなどが進行し、新薬の保険審査・承認を待てない患者が多いが、がん新薬での投薬治療の機会を提供する狙いだそうだ。治療を受けるがん患者の経済的な負担を和らげるため、保険診療と保険外診療を併用する「混合診療」を新制度に一部適用する方向で検討されている。がんなどの重度の病気で他に治療法の無い患者に対して、未承認薬を提供する。2013年の通常国会に薬事法改正案として提出し、早ければ2014年度から未承認薬と保険診療との混合診療が可能性なる算段だ。

この仕組みは、欧米で導入されている「コンパッショネート・ユース制度(CU制度)」という制度で、厚労省が日本版として詳細を詰めている。対象となる医薬品は、欧米など日本と同じ水準の規制がある国で承認済みで、日本の製薬会社が国内での開発・製造を検討している医薬品を想定している。がんなどの重度の病気にもかかわらず、製薬会社が新薬の安全性を最終確認する「治験」に参加できないような患者が対象となる。

対象の新薬は、製薬会社がまとめて輸入し、患者は「一定の条件を満たした医療機関」で治療を受ける。

これまでは、抗がん剤の新薬は日本で未承認のために治療に使えない薬が多かった。例えば、欧米でがん、腫瘍の治療に使われるザノザールは、日本では今だ臨床研究の段階だ。また、前立腺がんの治療薬のフィルマゴンも日本では、まだ未承認だ。

海外承認済みの新薬でも、最初に日本で治験に参加できるのは年間数万人。これは、米国の10分の1程度の患者数に留まっている。新薬の治験の参加基準に該当せず、重度の病気でも新薬による治療を受けられない患者は、非常に多く苦渋の闘病を余儀なくされてきた。
現在は、未承認薬で治療を行う場合には医師による厚労省に届出が不可欠で、さらに新薬の入手も患者が海外から個人輸入するケースが多かった。新薬の申請から承認までの期間が、日本では1〜2年間と長かったためだ。しかし、国内で未承認薬での治療を行うと、治療全般に公的保険が適用されない事態となり、患者は薬代だけでなく検査費や入院費など全額を負担する必要に追い込まれたのだ。病気によっては、薬代や医療費で月100万円近く負担。

新制度では、患者の自己負担は薬代だけとして、それ以外の医療費には公的保険を適用する「混合診療」を認めることを検討している。「混合診療」は、現在は一部の大学病院などで先進的な医療を提供する場合に限り、例外的に認められている。新制度では一部に限られてきた「混合診療」の対象医療機関を広げる仕組みとして期待されている。

日本の新薬承認までの期間は、最近は短縮傾向と言われている。しかし、治験の開始までに時間がかかって承認が遅れる例もあることから、欧米に比べて薬の使用が可能になるまでの期間が長い薬もまだまだ多い。重度の病気では承認を待ち切れない患者が多く、政策対応を求める声が強かった。

混合診療は日本医師会が「貧富の差による医療格差が広がる」などと反対しているが、実際には、混合診療が認めらないために、富める者しか最新医療が受けられないという矛盾が生じている。

一部の先進治療(久留米大学のがん治療ワクチンなど)で緩和ははじまったが、対象はまだ約100例程度。患者団体からは「希望する治療を受けやすくなる」と解禁を求める声が高まっている。
抗がんinfo - 末期癌をあきらめない! | 先進医療 |
白血病の最先端治療とは
2012年1月8日 zakzak

“血液のがん”で最先端の治療を提供

がん・感染症センター都立駒込病院

 「血液のがん」は、血液中の白血球ががん化して異常に増える急性白血病が代表格だが、最初はほとんど自覚症状がない慢性白血病、高齢者に多い骨髄異形症候群などさまざまなものがある。

 そんな血液のがんに対して、がんを狙い撃ちにする分子標的薬の登場や、新たな血液を作り出すための骨髄液や末梢血、臍帯(さいたい)血を用いた移植法など医学は確実に進歩し続けている。その最先端の治療を行っているのが、がん・感染症センター都立駒込病院血液内科だ。

 移植では、強力な放射線化学療法や移植特有の合併症に対応するため、循環器、消化器、呼吸器、腎臓内科、歯科などの臨床各科ばかりでなく、臨床心理士、歯科衛生士や薬剤師などの連携によるチーム医療を実現しているのも強み。

 「移植医療では総合力が不可欠です。移植体制を万全なものに整え、新薬の登場によってこれまで移植の難しかった症例でも行えるようになり、治療の選択肢は増えているといえます」

 こう話す同科の坂巻壽副院長(63)が、現在、最も力を入れているのは「慢性骨髄性白血病」と「骨髄異形成症候群」の新薬の研究である。慢性骨髄性白血病では、かつて急性白血病に転化してしまうと、抗がん剤治療は困難を極めた。ところが、2001年に登場した分子標的薬「イマチニブ」は慢性骨髄性白血病の治療法を根本から変え、2009年には新たに2つの薬も登場。それらの薬によって、慢性骨髄性白血病そのものが飲み薬で治る可能性も出てきたという。

 「分子標的薬はこれまで、飲み続けなければいけないとされてきましたが、2010年秋にフランスで『イマチニブ』がよく効く患者さんで薬の服用をやめる臨床試験を行ったところ、約4割の患者さんが治ったと報告されました。新たな分子標的薬の効果も高いので、飲み薬だけで治る症例が増えることを期待しています」(坂巻副院長)

 一方、高齢の男性が発症しやすい骨髄異形症候群でも、2010年1月に「アザシチジン」という分子標的薬が承認された。この場合は、薬だけで病気を治すというのではなく、移植治療への懸け橋となる。これまで状態が悪く移植が適用されなかった人も、新薬の登場で移植が可能になるケースが増えるそうだ。

 「『アザシチジン』に関しては、薬の効果を科学的に検証中です。骨髄異形症候群の患者さんには移植しか治る手立てがないだけに、より多くの人が移植の適用になれるようにしたい」と坂巻副院長。夢は「将来、飲み薬だけで血液のがんを治すこと」。現在、さまざまな新薬が登場しているとはいえ、最大の武器が「移植」であることに変わりはない。その現状を打破するために、今も力を注ぎ続けている。

<データ>2011年実績
☆急性白血病患者数154人
☆慢性白血病患者数46人
☆骨髄異形成症候群患者数59人
☆多発性骨髄種患者数41人
☆移植82件
☆病院病床数906床
〔住所〕〒113−8677東京都文京区本駒込3の18の22
 (電)03・3823・2101
抗がんinfo - 末期癌をあきらめない! | 先進医療 |
海洋天然物に抗がん作用
2011年1月26日 プレスリリース
東北大学、顕著な抗がん作用を示す海洋天然物の完全化学合成を開発

顕著な抗がん作用を示す海洋天然物の完全化学合成

<概要>
 がんは日本人の死亡原因第一位の疾患であり、その効果的な化学療法の開発は、社会的要請が極めて高い重要な課題です。海洋生物が生産する二次代謝産物(注1)(海洋天然物)の中には、ユニークな作用機序で、顕著な抗がん作用を示す化合物が多く見いだされていることから、画期的な抗がん剤のシードが海洋資源に求められています。しかし、海洋天然物の多くは微量成分であり、海洋資源の乱獲は生態系への悪影響が懸念されるため、詳細な薬効評価や薬剤開発には化学合成による実用的な化合物供給法の開発が必要です。

 このたび、東北大学大学院生命科学研究科生命構造化学分野の不破春彦准教授、佐々木誠教授のグループは、奄美大島で採取された海綿より抽出されたマクロリド化合物イグジグオリドの効率的な完全化学合成(全合成)を世界に先駆けて達成しました。さらに、東北大学大学院医学系研究科および財団法人癌研究会癌化学療法センターとの共同研究により、イグジグオリドがヒト肺がん細胞の増殖を顕著に抑制することを初めて明らかにしました。今後、化合物の構造最適化や作用機序の解明により、日本発の画期的な抗がん剤の開発や、新たな創薬ターゲットの発見に結びつく可能性があります。本研究成果は、欧州総合化学誌Chemistry.A European Journalに2011年1月25日付(日本時間)で発表されました。

<研究内容>
 海洋天然物には、抗がん抗HIV作用など、人類の健康福祉を維持するために有用な生理活性を示す化合物が多く報告されているため、海洋資源は画期的な新薬の宝庫として期待されています。1980年代以降、ユニークな作用機序で顕著な抗がん作用を示す化合物が海洋生物から次々と発見されました。
中でも、慶應義塾大学の上村大輔教授らが海洋生物クロイソカイメンから見いだし、ハーバード大学の岸義人教授らが全合成したハリコンドリンBは、エーザイ株式会社ボストン研究所での構造最適化を経て、転移性乳がん治療薬「ハラヴェン」として昨年末に米国食品医薬品局(FDA)により認可されたのは記憶に新しいところです(下図参照)。しかし、海洋天然物の多くは微量成分であり、海洋資源の乱獲は生態系への悪影響が懸念されるため、詳細な薬効評価や薬剤開発には化学合成による実用的な化合物供給法の開発が必要不可欠です。

 海洋天然物イグジグオリドは、奄美大島で採取された海綿の抽出物より発見された化合物で、2つの6員環エーテルを含む20員環マクロリド骨格(注2)にトリエン側鎖(注3)を配した複雑な分子構造を有していますが(下図参照)、その抗がん作用は明らかにされていませんでした。今回、我々のグループは、独自に開発した集積有機合成法(注4)を鍵とする、イグジグオリドの20員環マクロリド骨格の効率的な化学合成に成功しました。
続いて、昨年ノーベル化学賞を受賞した鈴木章・北大名誉教授が開発した「鈴木.宮浦反応」を駆使して側鎖を導入し、イグジグオリドの全合成を世界に先駆けて達成しました。さらに、東北大学大学院医学系研究科および財団法人癌研究会癌化学療法センターとの共同研究により、イグジグオリドが数種のヒト肺がん細胞に対して顕著な抗がん作用を示すことを、初めて明らかとしました。

また、ヒトがん細胞株39系に対する薬剤感受性を指標とした化合物のフィンガープリント(注5)から、イグジグオリドは既存の抗がん剤とは異なる、新規な作用機序で抗がん作用を発現することが強く示唆されました。
 今後、化合物の構造最適化や作用機序の解明により、日本発の画期的な抗がん剤の開発や、新たな創薬ターゲットの発見に結びつく可能性があります。
抗がんinfo - 末期癌をあきらめない! | 先進医療 |
スイスだけの「RIミサイルがん治療」
2011年1月24日 中央日報
ジョブズ氏、スイス行きはRIミサイル療法のため?

17日(現地時間)に病気休養に入ったアップルの最高経営者(CEO)スティーブ・ジョブズ氏(55)は、09年にスイス・バーゼル大学病院でがん治療を受けたことが報道された。

突然の病気休養の原因を推定する中、過去にジョブズ氏がなぜ米国の病院ではなくスイスのバーゼル大学病院に行ったのかをめぐり、さまざまな声が出ている。

一部の人はジョブズ氏が陽性子治療を受けに行ったというが、これは説得力が落ちる。陽性子でがんを治療する病院は米国にもいくつかあるからだ。これよりも「RIミサイル治療」を受けるために行ったという主張が専門家の間で説得力を得ているようだ。がん細胞だけを選んで攻撃する「RIミサイル治療」が米国では承認されていないが、スイスでは可能だからだ。

ソウル大医大チョン・ジェミン教授ら国内核医学専門家によると、バーゼル大学病院は放射性同位元素を利用して、神経内分泌がん細胞だけ攻撃して治療する「RIミサイル治療法」をかなり以前から開発してきた。04年にも神経内分泌がんが他の臓器に転移した患者5人をこのように治療し、その結果を学術誌「欧州核医学および分子映像」などに発表した。

バーゼル大学病院研究チームは「この治療を受けた患者には副作用が表れず、効果も良かった」と明らかにした。

「RIミサイル治療法」は特定がん(ジョブズ氏の場合、神経内分泌がん)細胞だけ選んで治療用放射線を放つように特殊開発された放射性医薬品を使う。梨花(イファ)女子大薬学科のイ・ユンシル教授は「放射性医薬品はがん細胞だけを選んで殺し、転移したがん細胞までも探すので治療効果が高い」と説明した。しかしジョブズ氏はその効果を十分に得られていないようだというのがイ教授の推測だ。

チョン・ジェミン教授「現在、韓国にも神経内分泌がんを放射性同位元素で治療できる技術があるが、政府の承認が出ていない状態」と話した。
抗がんinfo - 末期癌をあきらめない! | 先進医療 |
陽子線がん治療の予約受付
前立腺がん」12月から予約 県の陽子線治療、公開講座で方針

 福井県は16日、陽子線がん治療についての公開講座を永平寺町の県立大福井キャンパスで開いた。来年3月の治療開始を目指す県陽子線がん治療センターでの前立腺がん患者の治療予約を、12月に始める予定と説明した。

 講座は、同センターへの県民理解を深めようと開いた。全国の陽子線がん治療施設の医師4人が講師を務め、約300人が参加した。

 兵庫県立粒子線医療センターの村上昌雄院長は「陽子線は、がん細胞より奥にある正常な組織には当たらない。がんを破壊する効果も高い」と利点を強調した。筑波大陽子線医学利用研究センターの奥村敏之准教授は、陽子線による肝臓がん治療について「9割近くの患者は再発せず、肝機能が良好なら副作用はほとんどない」と述べた。

 また県健康福祉部の山本和高技幹は、県陽子線がん治療センターの準備状況を説明。ホルモン療法で病状の進行を遅らせている前立腺がん患者の治療予約を、12月に始める予定とした。肝臓がん肺がん患者の予約受け付けは、来年3月の治療開始直前となる見込みを示した。

2010年10月17日 福井新聞
抗がんinfo - 末期癌をあきらめない! | 先進医療 |
沖縄での最先端がん治療
2010年10月13日 沖縄タイムス
再生医療研究足元でも 治療体制づくり始動 県事業の対象に

ハートライフ「肝硬変」
 豊見城中央病院「がんワクチン」

 患者本人の細胞を活用し、機能を失った臓器や組織を再生させる「再生医療」の臨床研究や産業化を目指す県の先端医療産業化基盤構築事業で、ハートライフ病院(安里哲好理事長)と豊見城中央病院(潮平芳樹院長)が、それぞれ県外の大学・企業などと構成する研究共同体に採択された。先端医療として国内外で注目される再生医療。県内でも新たな治療が受けられる可能性に向けた体制づくりが始動する。(赤嶺由紀子)

 同事業(2010〜12年度)は、沖縄特別振興対策調整費を活用。産学医連携による再生医療の技術を県内に集積し、産業化を目指す。総事業費は約7億円。

 本年度は、再生医療を実施する際に必要な細胞の培養などを行う細胞調整設備(CPC)を2病院に整備する。

 ハートライフ病院は、山口大などと研究共同体を構成。骨髄の幹細胞を活用し、肝臓の再生治療を研究する。主に中期の肝硬変の疾患が対象。佐久川廣副院長は「患者からも再生医療を受けたいという要望があった。初めての試みであり、安全性の確保を第一に、インフォームドコンセント(十分な説明と同意)を行い、ノウハウを蓄積していきたい」と強調する。

 来年2月をめどに設備を設置し、4月から臨床研究を始める。安里理事長は「症例を重ね、その他の疾患の治療にも広げていくようにしたい」と将来像を話している。

 豊見城中央病院では、川崎医科大や広島大などと共同体を構成。(1)がん細胞だけを殺す働きをする樹状細胞ワクチン療法(2)進行がんなどに対する活性化リンパ球移入療法―など3研究に取り組む。

 樹状細胞ワクチン療法は、がん細胞と血液を採取・精製し、樹状細胞を培養。がん抗原タンパク質を取り込んだ樹状細胞(免疫細胞)ワクチンを、再発が懸念される患者を対象に投与する。

 リンパ球移入療法は標準治療が無効となった再発・進行がんに対し、培養・活性化したリンパ球を注入。がん細胞に対する抵抗を強くする。同院の城間寛副院長は「打つ手がないという患者に対して、新たな治療の選択肢となる」と説明。

 潮平院長は「従来の治療で治らなかった患者を救い、がんの死亡率を下げたい。研究後も継続して治療提供できるようにしたい」としている。
抗がんinfo - 末期癌をあきらめない! | 先進医療 |
卵巣がん新薬
2010年9月7日 日経産業新聞
イーライリリー、卵巣がん治療薬の承認期間を短縮

 日本イーライリリー(神戸市、アルフォンゾ・G・ズルエッタ社長)は、6日、卵巣がん向け抗がん剤「ジェムザール」について臨床試験の全部または一部を省略できる「公知申請」したと発表した。厚生労働省の検討会議では公知申請に関して事前に了承されている。海外では一般的に使われているのに日本では使えない薬の早期承認が期待される。

 ジェムザールは日本では非小細胞肺がん、膵(すい)がん、胆道がん尿路上皮がん、再発性の乳がんなど向けに販売されている。卵巣がん向けとしても世界80カ国以上で承認されている。
抗がんinfo - 末期癌をあきらめない! | 先進医療 |
がん放射線治療のリスク解明
2010年9月1日 産経新聞
放射線治療リスク解明 被爆者DNAが鍵

放射線影響研究所のデュプル主席研究員。被爆者のDNA研究から放射線治療のリスクを見極める可能性をさぐっている=8月23日、広島(ブルームバーグ)

 65年前に広島と長崎に投下された原爆の被爆者のDNAに、放射線治療のリスクを見極めるヒントが隠されている可能性があるとして、研究が進められている。がん患者への放射線治療がDNAに遺伝的欠陥を引き起こし、それが患者の子供にも遺伝するかどうかを判断するのに役立つと期待されている。

 財団法人・放射線影響研究所の広島研究所の研究員らは、原爆による健康への悪影響が、がんを患った被爆者の後の世代にも続くかどうかの調査を行っている。エバン・デュプル主席研究員によれば、白血病や心臓疾患などに関連した遺伝的変異が起きるかどうか、またそうした変異が遺伝し得るかどうかを調べているという。

 同氏は調査の結果次第では、がん患者に安全に照射できる放射線レベルに対し、医者の理解を深められる可能性があると説明した。原爆投下後に生まれた被爆者の子供たちは、悪性腫瘍(しゅよう)の発症率が高まる年齢に近づいている。

 デュプル氏は「彼らはがんが発症しやすい年齢に差し掛かっており、今後20年間が非常に重要」と述べ、「がんの発症メカニズムの解明につながり得る機会を逃したくない」と語った。

 がんの遺伝的根拠は100年前から認識されている。広島の研究員らは、環境が遺伝子の働きを変えるかどうかというエピジェネティックス(後成的遺伝学)上の問題を被爆者の子孫で検証しようとしている。

 後成的遺伝学という学問分野は「生まれか育ちか」、すなわち「遺伝子と環境のいずれが重要か」という問題の解決を目指し1940年代から発展してきた。後成的遺伝学上のプロセスは、DNA配列を変えることなく、遺伝子の働き自体を変えることができる。例えば、腫瘍の発生を抑制するような「良い」遺伝子の働きを止め、腫瘍の発生を促進するような「悪い」遺伝子の働きを作動させる。

 全米科学アカデミー(NAS)で10年余り経験を積んだ放射線生物学者のデュプル氏は、被爆者がこうした後成的遺伝学上の悪影響を受けたとの証拠はないと語った。

 しかし、ヒト細胞とマウスの実験は悪影響が生じ得ることを示しており、放射線被曝(ひばく)後の発病に後成的遺伝学上の影響が関与しているかどうかを判断する上で、被爆者の子孫はほかに例を見ない機会を提供してくれる可能性がある。

 広島の爆心地から1.2キロの地点で被爆した岩佐幹三氏(81)は「やっぱり一番心配したのは子供が生まれた時ですね。医者に五体満足かと聞きました」と語る。夫人も被爆したという岩佐氏は「何が起こるか分からないという不安というか恐怖を持ちながら生きているわけです」と心境を明らかにした。(ブルームバーグ Kanoko Matsuyama、Jason Gale)
抗がんinfo - 末期癌をあきらめない! | 先進医療 |
画期的ながん治療新薬
2010年8月31日 らばQ
ガンを宣告された場合、たとえ早期発見で助かる場合でも、手術や抗がん剤の副作用等を考えると身体への打撃は小さくありません。

また抗ガン剤副作用が強い割に、延命効果が疑問視されるものが多いというのが現状です。

しかしながら、直接ガン細胞に働きかけて破壊するという、画期的かつ有望な治療薬の臨床試験が始まっているそうです。

現在は末期ガンを宣告された場合、残された余命をどう生きるか考えてしまうほどの深刻な病気ですが、新薬によって「お薬を出しておくので、半年くらいで治りますよ」と言われる時代がやってくるかもしれません。

現在使われている抗ガン剤は、全身に働きかけて成長を止めてしまう強い薬であり、その効果はガンのみならず、良いもの悪いもの体の成長全てをストップさせてしまいます。

そのため髪の毛が抜けたり感染症を引き起こしやすくなったり、大きな副作用をともないます。

そこにガン細胞だけを壊してくれる治療薬が出来るならば、医療の現場は大きく変わるのです。

そしてこの新薬ALN-VSPこそが、細胞に投入するとガンの成長を停止させる、まさに直接ガンだけに働きかけることができる画期的な治療薬だと期待されています。

人の細胞は、メッセンジャーの役目を果たすRNA(リボ核酸)がDNAの情報を他の器官に伝えることによって、たんぱく質を生成しています。新薬ALN-VSPは、ガンが生成するRNAの動きを阻害する働き(RNA干渉)を持つことで、ガンの成長を停止させるそうです。

ガンの特効薬=赤いのがガン細胞。

すでに臨床実験が始まっており、昨年には肝臓ガン患者19人にALN-VSPを使用しガンの縮小に成功。さらに36名の患者を追加して臨床試験を進めるとのことで、早期の実用化が待たれています。

長い間特効薬のない病気として恐れられてきたガンですが、もしかしたら明るい兆しが見えてきたのかもしれません。
抗がんinfo - 末期癌をあきらめない! | 先進医療 |
骨転移がん新薬
2010年8月26日 日経産業新聞
第一三共、骨転移がん薬を申請 自社初の抗体薬

 第一三共は25日、骨に転移したがんの症状を抑える薬「デノスマブ」の日本国内での製造販売承認を申請したと発表した。同社では初の抗体薬となる。

 骨を破壊する細胞を活性化する物質のみに働き、骨の量が減るのを抑えられるのが特徴。同社は2012年度までの販売を想定しており、順調に手続きが進んだことになる。
抗がんinfo - 末期癌をあきらめない! | 先進医療 |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

このページの先頭へ