癌(がん)治療の最新情報

カスタム検索
<< がんの痛みを緩和する薬 | main | がん治療の地域格差例 >>
発光たんぱく質でがん細胞を特定
がん細胞の位置と大きさを手術前に確認できる技術は、手術の前準備として非常に有効に作用します。関連してがん新薬の開発にも寄与できるので有望な技術です。

2009年9月8日 読売新聞
ウミホタルの光でがん発見

近赤外線発光たんぱく質を投与したマウス。色部分が、がん細胞の位置(産業技術総合研究所)

 甲殻類の一種であるウミホタルの発光作用を利用し、透過性の高い近赤外線を出すたんぱく質の開発に、産業技術総合研究所北海道センター(札幌市)の近江谷克裕主幹研究員らの研究グループが成功した。これを体内に投与すれば、見つけにくい部位のがんを、放射線などを使わなくても見つけることが可能になる。7日の米科学アカデミー紀要に掲載された。

 北海道大学との共同研究。研究グループは、ウミホタルが持つ発光触媒「ウミホタルルシフェラーゼ」に、波長が長く、体内の組織を通過しやすい近赤外線を出す色素を導入し、発光たんぱく質をつくった。これをがん細胞を攻撃する抗体と結合して、発がんしたマウスに投与、特殊なカメラで観察したところ、微小ながん細胞の位置を特定できたという。

 体を切開しないでがん細胞を確認するには、大規模な機器・施設や、外部からの放射線、紫外線の照射が必要だった。

 今回開発した発光たんぱく質を使った方法では、こうしたことが不要で、研究グループは「がん細胞の位置を特定する手法が多様化するだけでなく、治療薬の開発などにも応用できる」としている。
抗がんinfo - 末期癌をあきらめない! | がん(癌) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

このページの先頭へ