癌(がん)治療の最新情報

カスタム検索
<< がんの免疫細胞療法に新手法 | main |
手術が不要な乳がん治療法とは

乳がん患者の20人に1人が乳房切除の手術をせずに がんを克服できるようになる見込みがついた。

乳がん治療のために乳房摘出手術を受ける前に遺伝子検査を実施することで、 手術をしなくとも抗がん剤治療だけで治癒が見込める乳がんを見極めることが可能になったのだ。

乳がん手術の必要か不要かを判断できる遺伝子は、 国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)の研究チームが発見した。

手術が不要な乳がん患者の特徴は、乳がんのがん細胞組織の表面にたんぱく質の1種である「HER-2たんぱく質」が多く、ホルモン療法が効かないこと。そして、「HSD17B4」という遺伝子の働きが抑えられていることだ。この特徴のある乳がん患者は乳がん患者全体の10〜15%を占めており、その中の3分の1が乳房の切除手術が不要で治療可能と見込まれている。

つまり、日本で乳がんと診断される約9万人のうち、5千人前後は手術を回避したままに、治療治癒が可能となるのだ。

乳がんは今や治せるがんの代表となったが、治療の際の乳房切除手術は体力的なダメージだけでなく精神的なダメージも大きいことが問題だった。手術が不要と断定できるマーカーを特定した治療法は大きな朗報と言えるだろう。

今後は、全国でステージ1〜3の乳がん患者200人を対象として、約30箇所の病院で2年を掛けて臨床試験を継続する。そして、2021年の実用化を目指している。さらには、他のタイプの乳がんや卵巣がんへの応用も期待されている。

抗がんinfo - 末期癌をあきらめない! | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ