癌(がん)治療の最新情報

カスタム検索
<< がん患者の電話相談 | main | 乳がんに無断臨床試験 >>
肺がん遺伝子の発見
がん治療の将来の切り札と目される遺伝子治療に前進があったようです。
今回の発見は主に早期発見の布石と目されます。

発見したのは、
自治医科大 医学部の
分子病態治療研究センター ゲノム機能研究部 間野博行 教授のチームだそうです。
詳細なレポートが科学技術振興機構報HPにて公開されています

今後の研究の"早期の"発展が期待されます。


肺がん引き金の遺伝子を発見、喫煙に関連…自治医大教授ら
 肺がんの引き金となる新たな遺伝子異常を、間野博行・自治医科大教授らの研究グループが発見し、11日付の英科学誌ネイチャー電子版で発表した。
 喫煙が関係しているとみられ、これまで困難だった肺がんの早期発見が可能になるだけでなく、有効な治療薬の開発などにつながる成果として注目される。
 喫煙歴のある62歳の男性患者の肺がん細胞から採取した多数の遺伝子を、実験用の正常細胞に組み込み、がん化した細胞から原因遺伝子を特定した。
 この遺伝子は、細胞の増殖を指令する遺伝子「ALK」と、細胞の形の維持などを担う遺伝子「EML4」が融合した異常型で、ALKが際限なく増殖指令を出してがんを引き起こすらしい。さらに、肺がん患者75人を検査したところ、5人の患者から融合遺伝子を検出した。そのうち4人は喫煙者。

- 読売新聞 [07/12(木) 03:05]
抗がんinfo - 末期癌をあきらめない! | がん(癌) |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

このページの先頭へ