癌(がん)治療の最新情報

カスタム検索
<< 抗がん剤過剰投与 | main | 赤面と膵がんリスク >>
遺伝物質でがん増殖抑制
動物実験での成果が得られたことで、今後は治験実施の検討が進められますが、非常に慎重な対応のようです。

2007年10月3日 読売新聞

がん増殖抑制 マウスの注射実験で成功
RNAでRNAに干渉

 がんの固まりに、がん遺伝子の働きを抑え込む遺伝物質を注射し、がんの増殖を抑えることに、東大医科学研究所ヒトゲノム解析センターの中村祐輔教授らのチームが、動物実験で成功した。

 正常な細胞にはほとんど影響しないため、副作用が少ないがん治療法の開発に向けた研究として注目される。横浜市で開催中の日本癌(がん)学会で3日、発表された。

 実験で使われた手法は「RNA干渉」と呼ばれ、がん遺伝子の情報をがん細胞中で運ぶRNAという物質の働きを、注入した別のRNAで止めてしまう。特定の遺伝子の働きを抑えるこの技術は、がんや感染症治療などへの応用が試みられている。中村教授らは、マウスの皮膚に人間の肺がん細胞を移植し、成長したがんの固まりに、この遺伝子の働きだけを抑える人工的に作ったRNAを注射した。その結果、RNAを注射したマウスでは、何もしなかったマウスに比べ、がんの増殖を約半分に抑えることに成功したほか、がん細胞の一部が死んでいることを確認した。
抗がんinfo - 末期癌をあきらめない! | がん(癌) |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

このページの先頭へ