癌(がん)治療の最新情報

カスタム検索
<< 赤面と膵がんリスク | main | 切らない肺がん治療 >>
ピロリ菌感染を解明
[2007年10月11日/日本経済新聞 朝刊]


東大など、ピロリ菌の長期感染のしくみ解明


 胃炎や胃潰瘍(かいよう)を引き起こし、胃がんの遠因ともされる「ピロリ菌」が、胃の粘膜に長期間にわたって感染し続ける仕組みを、東京大学医科学研究所などの研究チームが突き止めた。
 ピロリ菌が胃の細胞に特殊なたんぱく質を注入することで細胞の新陳代謝が鈍り、菌を排除することができなくなるという。抗生物質で除菌できない耐性ピロリ菌に効く治療法の開発につながると期待される。研究成果は11日付の米医学誌に掲載される。ピロリ菌は国内で6000万人以上が感染しているといわれる。胃の表面の粘膜に長期間とどまって胃炎などの原因になるほか、炎症が続くと胃がんの発症にもつながるとみられる。これまでの研究で、ピロリ菌は胃の細胞に付着して「CagA」と呼ぶたんぱく質を分泌することが知られていたが、その働きは詳しくわかっていなかった。

抗がんinfo - 末期癌をあきらめない! | がん(癌) |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

このページの先頭へ