癌(がん)治療の最新情報

カスタム検索
<< マルチビタミン原因で癌 | main | ARCHIVES 2007 >>
緑茶で前立腺がん半減
緑茶のカテキンは抗癌作用が認められる優れた飲み物です。しかし、飲みすぎると尿管結石(腎臓結石、膀胱結石)ができ易くなってしまいます。これは、カテキンと同様に緑茶に豊富に含まれる「シュウ酸」という成分の働き・影響によるものです。何事も「過ぎたるは及ばざるが如し」というこですね。

ちなみに、毎食後の緑茶引用程度なら、健康増進には大変良いことは間違いありません。


2007年12月19日 毎日新聞


緑茶:進行性前立腺がんの危険、1日5杯で半減 厚労省


 緑茶を1日5杯以上飲む人は1杯未満の人に比べて進行性の前立腺がんになる危険性が約半分になることが厚生労働省の研究班(班長・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)の大規模調査で分かった。緑茶に多く含まれる渋み成分カテキンが、がん細胞が転移する際に多く出る酵素を抑制する可能性があるという。

 調査は、90年と93年に9府県10地域で、40〜69歳の男性約5万人の食習慣などを調べた後、04年まで追跡調査し、期間中、404人が前立腺がんと診断された。がん細胞が前立腺から他の器官に広がる進行がん(114人)と、がん細胞が前立腺だけにとどまる「限局がん」(271人)に分けると、進行がんでは緑茶を多く飲む人ほど危険性が低く、緑茶を5杯以上飲むグループは1杯未満のグループと比べて危険性が約48%低かった。一方、限局がんでは明確な違いがなかった。

 緑茶に含まれるカテキンは細胞の自然死を誘うことでがん細胞の発生を抑制することが知られている。進行がんで危険性の低下がみられたのは、カテキンに前立腺がんの進行に固有の危険因子を抑制する効果があることが考えられるという。

 調査を担当した倉橋典絵・同センター研究員は「今回の調査は症例数が少なく、偶然の可能性も否定できない。今後も研究が必要だ」と話している。【関東晋慈】
抗がんinfo - 末期癌をあきらめない! | がん(癌) |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

このページの先頭へ