癌(がん)治療の最新情報

カスタム検索
<< 新薬承認短縮 | main | 前立腺がんワクチン >>
がんの痛み緩和
末期がんの痛みや苦しみに対して、モルヒネ等の麻薬を使用しても中毒になるわけではありません。麻薬というと習慣性を伴った中毒症状を想像してしまうのですが、医師の監督下で処方を守る限りはその危険は無いのです。
末期がんに対しては、終末ケアの一つとも解せますが、穏やかな時間を過ごすために有効な手立てと言えます。
痛みや苦しみに耐えることは体力・気力の消耗をも引き起こすので、
患者にマイナスな事象は取り除くべきなのです。

しかし、まだまだ医療用麻薬への誤解は大きいため、家族の抵抗も激しいものです。患者本人だけでなく、家族も含めて医療用麻薬への理解を進める必要があります。


2008年4月2日 日本経済新聞

塩野義など4社、がんの痛み緩和治療の普及へ新団体設立

 塩野義製薬など医薬品や医療機器のメーカー4社は2日、がんの症状で起きる痛みの緩和治療を普及する団体「がん性疼(とう)痛緩和推進コンソーシアム」を設立したと発表した。患者が医師に痛みを適切に伝えるためのポイントや、医療用麻薬の有効性などを医療機関や消費者に広く伝えていく。同団体には塩野義のほか、テルモ、ヤンセンファーマ、帝国製薬(香川県東かがわ市)が参加した。
抗がんinfo - 末期癌をあきらめない! | がん(癌) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

このページの先頭へ