癌(がん)治療の最新情報

カスタム検索
<< 肺がん治療用新薬 | main | 抗がん剤副作用で死者2名 >>
膀胱がんの再発予防
2009年7月9日 The Chemical Daily
日本化薬、BCG抗がん剤の適応拡大申請

 日本化薬は、BCG(カルメット・ゲラン菌)コンノート株を有効成分とする抗がん剤「イムシスト膀注用81mg」の適応拡大を厚生労働省に承認申請した。追加適応は膀胱がんの再発予防。4月に申請しており、うまくいけば1年以内に承認を取得できるとみている。また「ハイカムチン注射用1.1mg」(一般名・ノギテカン塩酸塩)の卵巣がん適応を、10年半ばに承認申請する計画。いずれも発売から約6年が経つ導入品で、適応拡大により製品価値を高める。イムシストは尿道カテーテルを使って膀胱に投与する乾燥BCG製剤。仏サノフィパスツールから導入し、03年に国内発売した。

抗がんinfo - 末期癌をあきらめない! | がん(癌) |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

このページの先頭へ